Visit Uzbekistan
ウズベキスタンの旅と文化の情報広場

【レポート】「スルハンダリア州貿易・観光セミナー」開催

レポート

2023/12/05

2023年12月4日、駐日ウズベキスタン大使館にてスルハンダリア州貿易・観光セミナーが開催されました。

日本側の参加企業は、ウズベキスタンと事業を既に開始している企業、まだ事業の開始はしていないが興味がある企業などが参加。
観光分野については、既にウズベキスタン、スルハンダリア州への手配経験のある旅行会社が数社参加しました。

ウズベキスタンで最も若い知事、スルハンダリア州ウルグベク・カシモフ知事が冒頭ご挨拶と共に、スルハンダリア州の魅力をご紹介。

ウルグベク・カシモフ知事

スルハンダリア州は、タジキスタン、アフガニスタン、トルクメニスタンの国境に接しており、非常に気候が良いのが特徴的です。
他の地方よりも温暖であるため、穀物、野菜、果物が豊富に育ち、それらの栽培が主要産業の一つでもあります。
天然資源や鉱物資源も多く、石炭や鉄などが多くありますが、まだ採掘されていないものも多く、今後にも大きな期待がされています。
また、水資源もあるので様々な産業に有効に使うことができるなどの、スルハンダリア州での産業の魅力をたっぷりと語られました。

スルハンダリア州アンヴァール・オリポフ第一副知事は、知事のお話の裏付けをするような詳細なデータを紹介されました。

アンヴァール・オリポフ第一副知事

人口約300万人で、テルメズを中心としたスルハンダリア州は、物流でもポテンシャルのある立地として注目されています。
気候が良いので、味の良い作物が多く、成熟が早いのも特徴として、スルハンダリア州の農作物の魅力を説明。

近年、海外企業の参入が飛躍的に多いウズベキスタンですが、スルハンダリア州でも外資が入っている企業は約80社からここ2~3年で約660社まで増加したそうです。

観光分野では、歴史的にも非常に貴重な仏教遺跡が数多く存在し、観光資源としても注目されています。
3~5月、9~11月がスルハンダリア州を訪れるのに最適な時期とのことです。
今後、テルメズやスルハンダリア州へ訪れる旅行商品のさらに多くの造成も期待したいと述べられました。

ウズベキスタン・日本双方の参加企業の自己紹介の後、双方間での交流の時を持ち、ネットワーク構築、参加企業の業務の発展に役立つ時間になったのではないかと思います。

SHARE

最新情報