Visit Uzbekistan
ウズベキスタンの旅と文化の情報広場

【特集】伝統とモダンをスタイリッシュに融合させた食器 - Rimma Gazalieva(リンマ・ガザリエヴァ)-

特集

2023/12/01

ウズベキスタンの伝統模様をベースに、モダンな色使いとスタイリッシュなデザインの様々な食器。

色鮮やかな矢絣模様「アトラス(アドラス)」は、民族衣装、様々なテキスタイル製品に使われているウズベキスタンの代表的・伝統的な模様です。
その伝統をベースにして、最近は淡い色を使ったデザインが人気を得て、ウズベキスタンの若い人もおしゃれのポイントとしてよく取り入れています。

その火付け役になったのが、Rimma Gazalieva(リンマ・ガザリエヴァ)の食器。

Source: https://rimmagazalieva.com/

Rimma Gazalievaは、ウズベキスタンのタシケントに在住し活動するアーティストで、1956年にウズベキスタン生まれ。
1978年にベンコフ美術大学を卒業し、1983年にタシケント美術大学を卒業。 1984年、モスクワで開催された国民卒業制作展で銅メダル受賞。その後、陶器工場に勤務し、アートディレクターに就任。 1999年より、ウズベキスタン芸術アカデミークリエイティブ協会の会員でもあり、現在は独立し、自分のスタジオを構え、「Rimma Gazalieva」ブランドの食器を数々制作しています。

Source: https://rimmagazalieva.com/

Rimma Gazalievaの食器は、すべて手作り。
色味と絵柄にこだわり、一つ一つ丁寧に描かれています。
ウズベキスタンの伝統的、かつ安定の大人気、ザクロの模様もとてもかわいらしいです。

Source: https://rimmagazalieva.com/

Rimma Gazalievの工房兼ショップには食器の数々が展示され、その場で購入できます。

工房兼ショップでは、ワークショップも実施しています。
1時間のワークショップで、1人20USD (2023年9月現在)。食器への絵付け体験です。
例えば初日または2日目にワークショップを体験し、帰国日前までに受け取れるので、自分が絵付けした完成品を帰国の時に持ち帰れて安心です。

アクセスは、タクシーが一番便利。
但し、工房兼ショップには、看板が出ていないので、ご注意ください。
入口は大通りに面していますが、看板がないため、少々わかりにくいです。
緑色のドアがこの工房です。
「緑色」が目印です!


Rimma Gazalieva
https://rimmagazalieva.com/
Instagram: https://www.instagram.com/rimma_gazalieva/

+998 90 1676539
+998 71 2734017
46, Chilanzar 5
Tashkent, Uzbekistan

カード(VISA)利用可

SHARE

最新情報